カルトナージュ制作で重要なコンパスで描く製図

カルトナージュ制作で大事なのは、正確に製図ができることです。すてきなデザインや生地も大事ですが、基本は製図です。コンパスを使ってより正確にさまざまな図形を書けるようにすると作品の幅も広がります。
この記事を書いたのはこちら

道具の準備


より正確に製図を行うために必要なものを購入しましょう。
100円ショップのものは、長く製図をする際はあまりお勧めしません。
また、小学生の学習用のものではなく、製図用を準備するとストレスなく描くことができると思います。

コンパス

コンパス

学生用のものではなく、製図用のものがおすすめです。
芯はシャープペンの芯が利用できるものが便利です。

方眼用紙

初めから厚紙やケント紙に描くと、ゆがんでしまうこともあります。
方眼用紙を利用して、練習してから厚紙に描くようにすると上手に描けます。

その他の道具

定規は正確なものを準備しましょう。
JISマークのついているものがいいです。

シャープペンはどこのものを使用しても大丈夫ですが、芯は0.3㎜をお勧めします。
より細い線で描くことでカットする時にブレがありません。

描くときの注意

1. 
コンパスの針を刺した部分や点がずれないようにしましょう。
少しのずれが、最終的に合わなくなってしまうことがあります。

2.
作業台が明るくしましょう
これも先ほどの理由と同じですが、手元が暗いとズレてしまうこともがあります。

3.
製図の際は、分度器ではなくコンパスを使用して正確に描きましょう。
直角を取りたい時も分度器では正確な位置を図ることが難しいので、少し手間ですがコンパスで行いましょう。

コンパスで描く八角形(Instagramから)

まとめ

カルトナージュに置いて製図は大事な工程です。
最初は少し難しいと感じるかもしれませんが、
慣れると正確に描くことで次の作業がやりやすいことに気が付くと思います。

苦手と思わないで是非チャレンジしてみてください。


💚ラインでお友達登録 
いまなら
*ハンドメイド教室を開くための見直しチェックシートと集客ポイント25項目
*ハンドメイドにとって画像は大切! インスタお役立ちアプリ集
上記2点をプレゼント!
これから始める方も、すでに開催している方もご自身のお教室を見直すチャンスです。
また、ラインでお教室運営・カルトナージュに関する疑問質問も受け付けています。
 ↓↓↓

友だち追加

💓お好きな時間、お好きな作品だけが作れる動画講座。
初心者から上級者レベルまで色々な作品が選べます。
受講後は、ご自身のお教室のレッスンや販売も可能
(規約にサインをしていただきます)
詳しくはこちら↓↓↓
カルトナージュ動画講座を見る

タイトルとURLをコピーしました