カルトナージュを独学で学ぶメリット・デメリット

カルトナージュで何かを作りたい、と思った時、「独学で作れないか・・・」と考えることもあると思います。カルトナージュや他のハンドメイドを独学で学ぶメリット・デメリットについてカルトナージュ歴15年以上の関口直美がお伝えします。

カルトナージュは独学で学べるのか?

答えは学べます。
ですが、これにはレベルがあると思います。
「ただ箱を作れればいい」とお考えの方は本を購入したりネットで様々な情報を得ることで作れると思います。

ですが、
・きれいに作りたい
・装飾品の飾り方が知りたい
・複雑な箱が作りたい
・長く使える作品が作りたい
ということになると独学は難しいです。

ハンドメイドを独学するメリットは

1.時間・費用が掛からない

ハンドメイド全般に言えますが、ある程度の情報は本やネットを見れば得ることができます。

たとえば
近くにお教室がない方は新幹線を利用して習いに行くこともあります。
レッスン代+交通費 これが独学の場合、すべてかからないので家計には助かります。

また、通学で習うとなると、重い荷物を持って満員電車に乗ったり、目的の場所まで時間がかかったりと大変なことも多いと思います。
実際、私もかなり重い荷物を持って通ったものです。

独学はこういった大変な思いをしないで自宅でゆっくり学ぶことができます。

2.好きな作品だけを作ることができる

カルトナージュ作品
(生徒さん作品)

独学で進めるということは海外の本やSNSなどを見て、自分の好きなイメージで作ることができます。
(ただし個人で使用する時に限ります。販売その他個人以外に関しては、使用可能の有無をきちんと問い合わせをする必要があります)

しかし、通学になると、お教室のカリキュラムに合わせて作ることになるため、自由に作ることができません。
どんなに素敵な作品があっても、その作品を作るまで、いくつか作品を作らなければいけません。

通うお教室側は、通う生徒さんのことを考えてきちんとしたカリキュラムで進めるため、初めから好きな作品で制作することは難しいと考えます。

そのため
カリキュラムにとらわれたくない方には独学がおすすめです。

カルトナージュを独学するデメリット

1.疑問が解決できない

本やネットの情報は細かい部分まで教えてもらえません。
大体の作り方がわかっても「ここはどうするんだろう?」ということは多くあります。
そんな時に頼る相手がいないということです。

カルトナージュの場合、生地の種類によってカットの仕方やボンドの種類、作り方などが違い、仕上がりに大きな差が出ます。

また、作品が複雑になったり、作品の形によって作る工程を変えたりします。
そんな時、独学の場合、質問するところがありません。
すべて一人で解決しなければならない為、
自身で色々試しながら最適な方法を見つけることが必要です。

2.製図ができないと作品の幅が広がらない

ある程度本やSNSを見ながら作れても、その作品しか作れません。
オリジナルを作ろうと思っても、基本ができないので
様々に発展した種類の作品を作ることができません。
本に載っている作品は作れるがそれを応用した作品が作れない・・・ということになります。

カルトナージュではありませんが、私もYouTubeを見ながら布小物を作ることがあります。
寸法も生地もすべて同じにして、工程もYouTube通りに作ります。
とても簡単に満足いく作品になりますが、それを応用して他の作品は作れません。
何となく不格好になったり、形によっては何に気を付けたらいいかわからない・・・と様々な問題が出てきます。
なにより、あまりかわいいと思える作品が作れませんでした。

また、
ずっと独学でカルトナージュを学んでいた方が、ご友人から作品のオーダーを受け困ったという話を聞きました。
本に載っている作品は作れるけど
「製図もしたことがないから、大きさを変えることも難しい」といっていました。

このように、本やSNSで学ぶことはできますが、応用したり、アレンジすることが難しいことがあります。
本やSNSは便利ですが、作品の幅は広がりません。
習いに行き、先生から学ぶことで応用した作品が作れるようになります。

まとめ

カルトナージュを含めハンドメイドを独学で学ぶことは悪いことではありません。

ですが、長く使いたい、いろいろな作品が作りたい
と思うのであれば、一度先生について習うことも必要なのかと思います。
どんなハンドメイドでもコツはあります。
そのハンドメイドに関して専門知識がないのであれば「習う」ということも大切なことだと思います。
ご自分がどんな考えでハンドメイド作品を作りたいのかを考えて独学か通学かを選ばれたらいいと思います。

参考blog
カルトナージュで使う道具選びのポイント!間違いだらけのボンドの使い方と選び方

カルトナージュで作る箱の角の処理のコツ

カルトナージュで使う道具選びのポイント ハサミについて

カルトナージュ作品をきれいに仕上げる4つのコツ

💓お好きな時間、お好きな作品だけが作れる動画講座。
初心者から上級者レベルまで色々な作品が選べます。
受講後は、ご自身のお教室のレッスンや販売も可能
(規約にサインをしていただきます)
詳しくはこちら↓↓↓
カルトナージュ動画講座を見る

💚ラインでお友達登録 
いまなら
*ハンドメイド教室を開くための見直しチェックシートと集客ポイント25項目
*ハンドメイドにとって画像は大切! インスタお役立ちアプリ集
上記2点をプレゼント!
これから始める方も、すでに開催している方もご自身のお教室を見直すチャンスです。
また、ラインでお教室運営・カルトナージュに関する疑問質問も受け付けています。
 ↓↓↓

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました